契約書・見積書・注文書・納品書・請求書などExcelやWordで使える様式など、経営に役立つビジネスツールを紹介します。

Vol.7 会社経営に商標登録は必要?

会社経営に商標登録は必要?

 東京五輪エンブレム騒動で「商標」という言葉を見聞きした方も多いのではないでしょうか。また、たまに商品のパッケージに「登録商標」といった文字を見かけることもあるかと思います。
 商標って、なんとなくわかるようで、よくわからない。ご自分のビジネスと関係があるのか、それとも無縁のものなのか、といった疑問もありませんか。
 実は、どのようなビジネスをされていても商標が関係してくる場合は多いです。ですので、商標のことを知らずにビジネスを行うことは非常に危険といえます。

そもそも「商標」とは何なのか?

 簡単に言うと、商標は、自社商品・サービスと、他社商品・サービスとを区別するための標識です。英語では「トレードマーク」といいます。こちらの方がわかり易いかもしれません。例えば、会社のブランドやロゴマーク、飲食店・小売店・美容系サロンなどの店名、商品名などが商標となり得ます。
 商標は、商品やサービスの目印となるものですので、商標は常に商品・サービスとセットで考えることを覚えておいてください。

商標登録をするとどうなる?

 「商標登録」は、特許庁に商標を登録することです。具体的には、商標登録を受けたい商標や、その商標をどのような商品・サービスに使用するのか(この商品・サービスを「指定商品・指定役務」といいます)といったこと等を記載した願書を特許庁に提出し、特許庁がその商標を登録すべきか審査をして、審査に通り、特許庁に登録料を納めると商標登録されます。商標登録された商標は「登録商標」と呼びます。
 商標登録されると「商標権」という権利が発生し、その登録商標を出願した人(会社等の法人でもよいです)が商標権者となります。商標権は、商標権者が、登録商標を、指定商品・指定役務の範囲で独占的に使用することができる権利です。また、商標権者でない人は、登録商標と同じ商標を、指定商品・指定役務と同じ商品・サービスに使用することができないのはもちろんですが、登録商標を指定商品・指定役務と類似する商品・サービスにも使用することができなくなりますし、登録商標と類似の商標を指定商品・指定役務と同じか類似する商品・サービスにも使用することができなくなります。
 商標権は日本全国に効力が及び、10年間存続して何回でも更新することが可能です。

商標登録をするメリット・商標登録をしないデメリットは?

 上で述べた商標登録の効果から、次のような商標登録のメリットが考えられます。
 「他人に、自社の登録商標と似たような商標を、自社が提供している商品・サービスと似たような商品・サービスの範囲で使われるのを防ぐことができる。」
 つまり、商標をマネされるのを防ぐことができます。意図的にマネされた場合だけでなく、偶然同じような商標を使われてしまった場合も止めさせることができます。
 他方、商標登録をしないことによるデメリットは以下の通りです。
 「自社が使用している商標と似たような商標を、自社の商品・サービスと似たような商品・サービスの範囲で、他人に商標登録されてしまうと、自社商標が使えなくなる。」
 商標のことを何も気にせずにいると、他人の商標権を侵害して、急に商標を変える必要が生じたり、損害賠償を請求されたりしてしまいます。インターネットで簡単に商標権者に見つかってしまう時代です。

 どのような商標が商標登録されるのか?

商標登録されるための要件はいくつもありますが、ここでは代表的な2つの要件をご紹介します。

  1. 指定商品・指定役務の分野における、普通名称、一般的に使用されている名称、単なる品質表示などは商標登録されません。
  2. 他人が先に出願して登録した商標と似たような商標で、その他人の登録商標の指定商品・指定役務と似たような指定商品・指定役務の場合は商標登録されません。

 つまり、商品・サービスとの関係で一般的な名称でなく、かつ他人の登録商標と似ていない商標は商標登録される可能性があります。
 ちなみに、一般的な名称であるかどうか、他の登録商標と似ているかどうか、という判断は難しいので専門家である弁理士にご相談されることをお勧め致します。

終わりに

商標登録の要件のところでも述べましたが、商品・サービスとの関係で一般的な名称などは商標登録されません。しかし、会社のブランドや商品名、店名などに、面白味も味気もない「一般的な名称」が使われることはあまりないでしょう。また、ロゴマーク等の図形は基本的に「一般的な名称」等には該当しません。ですので、商標登録される可能性のある商標をお使いになられている会社がほとんどかと思われます。
 「商標登録される可能性がある」ということは、「他社に先を越されて商標登録されてしまう」リスクがあるということです。このリスクを回避するために、大切な商標の商標登録をお勧め致します。

専門家に相談できる「SHARES(シェアーズ)」を活用しよう

SHARESは、日本最大級の士業のクラウド顧問サービスです。

登録された公認の専門家(公認会計士、税理士、弁護士、司法書士、行政書士、弁理士、社会保険労務士、中小企業診断士)に、雇用契約書の作成、就業規則の見直し、契約書の作成、会社設立など、気軽に相談・依頼ができます。

 

宮下 桂輔(みやした けいすけ)

監修・著:宮下 桂輔(みやした けいすけ)
SHARES登録専門家 https://www.shares.ai/list/user/19240
弁理士
弁理士事務所LABRADOR

1996年 早稲田大学法学部卒業
1996年 山崎製パン株式会社入社
2006年 行政書士試験合格
2011年 弁理士試験合格
2012年 都内特許事務所入所
2013年 特定侵害訴訟代理業務付記試験合格
2015年 弁理士事務所LABRADOR開設

弁理士事務所LABRADORは、商標に特化した弁理士事務所です。
60,000件以上の商標に関わった弁理士自らが、親切・丁寧・誠実にご対応致します。
商標に関する高い専門性と、適正な価格、敷居の低さがモットーです。
豊富な経験と実績に基づいた的確な仕事をさせて頂いております。
初めて商標登録をされたお客様から「わかりやすく、ていねいに説明をしてくれる。」と好評を頂いております。
初回相談無料・全国対応可能ですので、お気軽にお問合せ・ご相談ください。