契約書・見積書・注文書・納品書・請求書などExcelやWordで使える様式など、経営に役立つビジネスツールを紹介します。

Vol.4 雇用契約書って必要なんですか?

1.雇用契約書(労働契約書)って必要なんですか?

実は、雇用契約の締結の際、書面化は義務付けられてはいません。
『え、じゃあ、雇用契約書(労働契約書)って作成する必要ないの?』と思われたそこの事業主の方々!!実際には必要です。

その理由として、

  1. 口頭での契約だとしても契約としては成立します。
    しかし、口頭での契約であると、のちのちの争いになる可能性が高いです。
    雇用契約書(労働契約書)を作成することにより、労使(雇用者・被雇用者)双方が約束をしたことを、証拠付ける書面となります。
     
  2. 労働基準法により一定の労働条件は書面を明示して伝えなければなりません(労働基準法第15条第1項及び労働基準法施行規則第5条第1項)。 
    この労働条件の明示義務に違反した場合、使用者は30万円以下の罰金に処せられます。(労働基準法第120条第1号)
    したがって、労働条件通知書等を書面で交付しない場合には、雇用契約書(労働契約書)の中に明示義務のある内容を盛り込まなければなりません。
     
  3. 労働契約法第4条1項に「使用者は、労働者に提示する労働条件および労働契約の内容について、労働者の理解を深めるようにするものとする」、同上2項において「労働者および使用者は、労働契約の内容(期間の定めのある労働契約に関する事項を含む)について、できる限り書面により確認するものとする」という法の要請があります。

以上のことから雇用契約書(労働契約書)は作成が必要です!ということがお分かり頂けるかと思います。

2.雇用契約書(労働契約書)には何を記載したらいいの?

『雇用契約書(労働契約書)って何を記載したらいいのかわかりません!』という事業主に朗報(!?)です。「1.」の「2」で説明した、「一定の労働条件」は『必ず明示しなければならない事項』と『定めがある場合は明示しなければならない事項』が存在します。(労働基準法第15条第1項及び労働基準法施行規則第5条第1項)
まずはこれらの内容を把握して、雇用契約書(労働契約書)に下記明示事項を盛り込むようにしましょう!!(『必ず明示しなければならない事項』の昇給以外の部分は書面にて明示することが必要となります。)

1)絶対的明示事項(必ず明示しなければならない事項)

  1. 労働契約の期間※
  2. 就業の場所・従事する業務の内容
  3. 始業・終業時刻、所定労働時間を超える労働の有無、休憩時間、休日、休暇、交代勤務をさせる場合は就業時転換に関する事項
  4. 賃金の決定・計算・支払の方法、賃金締切・支払時期、昇給に関する事項
  5. 退職に関する事項(解雇の事由を含む)

〜期間の定めのある契約の場合〜

  1. 更新の有無の明示
    例えば、「自動的に更新する」「更新する場合がある」「契約の更新はしない」など
  2. 更新基準の明示
    例えば、「契約満了時の業務量」「勤務成績、態度」「能力」「会社の経営状況」「従事している業務の進捗状況」など

2)相対的明示事項(定めがある場合は明示しなければならない事項)

  1. 退職手当の定めが適用される労働者の範囲、退職手当の決定、計算・支払いの方法、支払時期に関する事項
  2. 臨時に支払われる賃金(退職手当除く)・賞与などに関する事項
  3. 労働者に負担させる食費・作業用品その他に関する事項
  4. 安全衛生に関する事項
  5. 職業訓練に関する事項
  6. 災害補償・業務外の傷病扶助に関する事項
  7. 表彰、制裁に関する事項
  8. 休職に関する事項

労災保険、雇用保険、健康保険、厚生年金保険の適用に関する事項は、労働基準法上では書面で明示しなければならない事項ではないですが、トラブルを避けるためにも、雇用契約書(労働契約書)に盛り込んでおいた方がベターです。

さらにいうと、事業主は、パートタイム等短時間労働者を雇い入れたときは、速やかに、当該短時間労働者に対して、上記の明示事項に加え、

  1. 昇給の有無
  2. 退職手当の有無
  3. 賞与の有無
  4. 雇用管理の改善等に関する事項に係る相談窓口(平成27年4月1日施行)

について、文書の交付等により明示しなければならない。これら以外の事項についても文書の交付等により明示するように努めるものとされています。(パートタイム労働法第6条)

3.トラブルにはなりたくない!

『出来るだけトラブルを起こしたくないんや!!どのような点に気を付ければいい?』
と心配される事業主を対象に何点か気を付けるべき点を挙げてみました。参考にしてもらえればと思います。

  1. 配置転換に関する文言を!!
    入社後に担当職務や勤務場所を変更する可能性が有る場合、採用時の雇用契約書や就業規則に「配置転換の有無」が記載されているかどうかが重要になってきます。配転命令が有効であるためには労働契約上の根拠が必要であり、通常は就業規則等の規定が配置転換命令の根拠とされています。
    これを明確に定めた契約書を取り交わしていないと、職種限定又は勤務地限定の雇用契約と解釈され、実際に人事異動を命じた時に、「契約内容と違います!」と騒ぐ従業員が出てくる可能性がありますのでご注意ください。
     
  2. 損害賠償に関する文言も盛り込んでおきましょう!
    労働基準法では、雇用契約(労働契約)締結する際、違約金を定め、または損害賠償額を規定する契約を結んではならないとする規定が存在します(労働基準法第16条)。
    これは違約金や損害賠償の金額を予め定めて、労働者を身分的に拘束するという弊害がみられたこと等から設けられた規定です。ただし、実際に会社に損害を発生させた社員に対して、その被った損害の賠償請求をすることまで禁止している訳では有りません。
    したがって、雇用契約書(労働契約書)と身元保証書には、実際に発生した損害に対する賠償義務を定めた条項を置くべきです。(実際に裁判等では、損害額が全額認められるケースは少ないですが…)
     
  3. 就業規則にも注意が必要です!
    「就業規則で定める基準に達しない労働条件を定める労働契約は、その部分については無効とする。この場合において無効となった部分は、就業規則で定める基準による」(労働契約法第12条)と定められています。
    雇用契約(労働契約)の内容が、就業規則で定めている内容より、従業員にとって不利に定められている場合は、その部分の雇用契約(労働契約)は無効になって、就業規則が適用されます。
    例えば、就業規則に「従業員には交通費を支給する」と規定していて、雇用契約書(労働契約書)に「従業員には交通費は支給しない」と記載していたとします。
    この場合、会社は交通費を支給しなければなりません。したがって、就業規則がある会社は特に気をつけておきたいところです。
     
  4. 期間の定めのある契約の場合には新しいルールが追加されているので留意ください!
    平成25年4月1日以後、期間の定めのある有期雇用契約(労働契約)が繰り返し更新され通算5年を超えたときは,労働者の申込みにより無期の雇用契約(労働契約)に転換されることに留意してください。(労働契約法第18条)事業主はこれを拒否することはできません。無期に転換されるのは、申込み時の有期労働契約が終了する翌日からです。

労働契約書

ダウンロードページへ ※様式の雛型はこちらからダウンロードしてください
※ダウンロードには会員登録(無料)が必要です。

専門家に相談できる「SHARES(シェアーズ)」を活用しよう

SHARESは、日本最大級の士業のクラウド顧問サービスです。

登録された公認の専門家(公認会計士、税理士、弁護士、司法書士、行政書士、弁理士、社会保険労務士、中小企業診断士)に、雇用契約書の作成、就業規則の見直し、契約書の作成、会社設立など、気軽に相談・依頼ができます。

 

小林 啓吾(こばやし けいご)

監修・著:小林 啓吾(こばやし けいご)
SHARES 認定パートナー
社会保険労務士
スクウェア労働法務事務所代表

1980年 横浜市生まれ
1981年〜2006年 世間の荒波に抗いながら飲み込まれて育つ
2007年 社会保険労務士試験 合格
2008年 NJKF(ニュージャパンキックボクシング連盟)プロライセンス獲得
2014年 特定社会保険労務士試験 合格