『下町ロケット』の弁護士に聞く起業家が知っておくべき商標・特許のキホン

自分たちの成果をきちんと特許にすること

自分たちの成果をきちんと特許にすること

ー鮫島先生は特許など知的財産についての講演も多いですが、特許の重要性について教えてください。

鮫島:開発型の事業を始める場合、自分たちの開発成果をきちんと特許権にすることです。たとえ特許権にしなかったとしても、ノウハウをきちんと管理する。そこを疎かにすると、「投資しても、その投資の成果物である開発成果(技術)をきちんと管理しない、ザルみたいな会社だ」と投資家に思われてしまいます。それは会社にとって良くないことです。

大企業にいる時は知財部任せで開発成果の管理などは意識しないのかもしれませんが、独立とは一からすべて自分でやるということ。そのためにどこまでコストを割くかということまで考えなければいけない。それが知財戦略の第一歩です。

ー普通はなかなかそこまで気が回らないですよね。

鮫島:研究所出身の方などはある程度身に付いているので自分でできるのかもしれませんが、それ以外の方は早めに専門家を入れてアドバイスをもらった方がいいと思います。ただ、特許の専門家にフィーを払うぐらいだったら機械や材料を買うという方が多いことも事実です。特許はお金がかかるのでスタートアップには勧めにくい部分があるのです。

同じようにいい技術でも、大企業であれば20件ぐらい特許を出すところ、スタートアップだと1件しか出せない。どこまで磨き上げてその1件にするかということも大事になってくるのです。自分で特許を磨き上げられるようなセンスを持っている人は1000人中1人ぐらいしかいらっしゃらないので、本来は専門家に頼むべきなのです。

ーそもそもスタートアップにとって知財戦略は難しい、と。

鮫島:最初から知財戦略にこだわっても、資金的な問題があったりして結局できないことが多いんです。ですから、自分たちの技術をカバーすることが最初だと思います。大企業の場合は自分たちの技術というよりも、コンペティターが引っかかるようなものを出していくというのが基本です。

だけど個人の起業家はそんなことはできないじゃないですか。だからまずは自分の技術を守る。模倣品が出ないようにとか、そういう観点になりますよね。