松岡修造さんに聞く、起業家に必要な「伝える力」を伸ばすコツ

あの松岡修造さんに創業者に必要な「伝える力」について伺った。起業家にとって伝える力は顧客を獲得し、仲間を集める上では欠かせない力だ。松岡修造さんは「スポーツ選手」「熱い男」のイメージが強いが、「修造チャレンジ」で錦織圭選手など多くの有望なテニス選手を輩出している指導者であり、スポーツキャスターやレポーター歴も長く「伝える」プロである。今回、松岡修造さんが『伝わる!修造トーク』を出版した。松岡修造さんの「伝える力」と創業者へのメッセージをお届けする。

松岡修造さんに聞く、起業家に必要な「伝える力」を伸ばすコツ

松岡 修造(まつおか・しゅうぞう)
日本男子テニス界の第一人者として、ウィンブルドンベスト8など世界の大舞台で活躍。1998年にプロツアーを卒業し、同時にテニス活性化プロジェクト「修造チャレンジ」を設立する。現在は世界を目指すジュニア選手を指導するほか、テレビ朝日『報道ステーション』、オリンピック、世界水泳、フィギュアスケートグランプリシリーズなどでスポーツキャスターを務める。フジテレビ『くいしん坊!万才』のレポーターは今年で14年目を迎えるなど、幅広い分野で活躍中。

ー著書『伝わる!修造トーク』の中で、松岡さんは「人前で話をするとき、5W1Hに加えて自分が感じたことを自分の言葉で話すことが大事」と書かれていますね。

松岡:トークに関して一番大事なことは、人の真似をしてはいけないということです。何かの本や話の中で得たことがあれば、それをいかに自分の言葉として伝えられるかどうか。そこがすべてだと思っています。人の真似だけでは必ずどこかで行き詰まってしまいます。僕は哲学書を読むのが好きですが、哲学書に珍しいことが書いてあるかというとそうではありません。ただ、珍しく感じるような書き方や、その人なりの考えが入っているから面白い。

ですから、会社を立ち上げて人前で話をするのであれば、その人にしかできない話をすべきだと思います。起業するにあたっては、誰もがこうしたいという強い想いを間違いなく持っているはずです。そこが一番の武器で、それが伝われば何らかの形で仕事が広がっていくのではないでしょうか。

ーでは、人に何かを伝える時に効果的な伝え方は?

松岡:理路整然と話すのか熱く語るのか、それは相手によって変える必要があります。僕自身どうしても成功させたい企画があれば、ただ熱く語るのではなく、ものすごく時間をかけて方法を練ります。言ってみればテニスの試合と一緒ですね。人に伝えるということは、結局相手に共感してもらわないといけない。自分の想いを伝えることが勝ちなのではなく、その人がイエスと言ってくれることが勝ちなのであれば、その人に対してなりきるしかないんですよね。

呼吸法1つ変えるだけで緊張の度合いや集中力が変わる

ー松岡さんは、伝える力を磨くために普段でもひとり心の中で「くいしん坊!万才」をやったり、決断力を育てるためにレストランでは5秒以内にオーダーを決める、といったことを日々実践しているんですよね。他にも、緊張をほぐすために取り入れている呼吸法があるそうですが。

松岡:僕はテレビの収録や講演会の前になると、緊張して呼吸が速くなってしまうんです。でも『スター・ウォーズ』に出てくるダース・ベイダーの呼吸を真似すれば、速くなることはまずないんですよ。彼は戦っている時でも呼吸が変わらないので、自分がダース・ベイダーになりきることによって自然と呼吸をコントロールできる。緊張というものは基本的に自分が作り上げるもので、考えることによって生まれます。でもダース・ベイダーをやっていると、そういうことを忘れてしまう。舞台袖で「ホーッ」とやっていると周りはまず笑いますが、これは実は一番理にかなっていることです。

それをもっと違う捉え方でやるのが、お尻の穴をグッと締めるクンバハカ法です。テニスのジュニア合宿では必ずこのクンバハカ法を教えますが、そうすることによって一気に集中力が高まり、堂々と構えることができるんです。