変化に強い企業が生き残る「企業進化論」 〜 ライフネット生命 出口 治明 会長 インタビュー

【特別インタビュー】 ライフネット生命保険株式会社会長 兼 CEO 出口 治明 × タレント 長井 秀和

証券会社や銀行、損害保険など、インターネット利用に特化した企業が続々と誕生する中、世界的観点からも難しいとされ、まさにコロンブスの卵であった「ネット生保」に挑んだライフネット生命保険株式会社の出口治明会長 兼 CEO 。40兆円という超巨大市場にも関わらず、戦後、独立系としては新規参入がなかった生命保険業界で、74年ぶりに設立されたライフネット生命の誕生と成功の舞台裏に、タレントの長井秀和氏が迫る。

出口 治明(でぐち はるあき)
1948年三重県生まれ。京都大学を卒業後、1972年に日本生命保険相互会社に入社。企画部や財務企画部にて経営企画を担当するとともに、生命保険協会の初代財務企画専門委員長として、金融制度改革・保険業法の改正に従事する。ロンドン現地法人社長、国際業務部長などを経て、同社を退職。2006年に生命保険準備会社を設立し、代表取締役社長に就任。2008年の生命保険業免許取得に伴い、ライフネット生命保険株式会社を開業。2013年6月より現職

「ライフネットは “缶ビール”売りです。」

長井:巷では「還暦のベンチャー」なんて言われていらっしゃいますが、そもそもなぜ会社を創ろうと思ったのですか?

出口:僕が会社を創った理由は「20代から40代の子育て世代が、安心して子供を産み育てることのできる社会」を作りたい、と考えたからです。今の日本の20代の平均所得は、信じられないことに160万円です。二人で働いても320万円。僕は1972年に日本生命に入社して、高度成長期やバブル期を保険業界で過ごしてきましたが、当時は今のような低所得の時代は考えられなかったですよ。

にも関わらず、保険業界は保険会社以外からの新規参入がありませんでした。新規参入がないということは、価格競争が起こりにくいということです。所得は下がっているのに、抜本的な価格改革が起こらない。そんな中で、若い世代の皆さんが、子供をたくさん産んで育てようなどと思えるはずがない。だから、僕が会社を立ち上げたのは、「保険料を半額にする」というビジョンを実現するためでした。

長井:保険料を半額にする方法が、インターネットによる直販なのですね。

出口:はい、それしか方法がないのです。例えるならライフネットは「自動販売機で缶ビールを売る」というビジネスモデルです。自動販売機で200円で買える缶ビールも、居酒屋に行けば500円になりますよね。それは、人件費や光熱費、家賃が掛かっているからだ、と皆わかってる。

対面販売の生命保険会社も同じです。駅前にお店があって、行けば自分に合った保険を営業員が紹介してくれる。でも、その分どうしても高くなってしまいます。だから、ライフネットが保険料を半分にするためには、お店を持たず、できる限りの少人数体制で運営するしかなかったのです。