経営で困る資金繰りを助ける助成金・補助金についての秘訣を紹介します。年間1000種類以上(一説には3000種類!)存在すると言われてる助成金。申請には労力もリスクも必要ありません!

助成金活用で不眠不休の営業マンを大量採用する方法

助成金活用で不眠不休の営業マンを大量採用する方法

MG研修、大反響でした!

前回、社長の右腕育成「MG研修」への反響、ありがとうございました!
お陰様で、たくさんの方が実際の説明会にも参加いただきました。
説明会当日にお申込みされた方が3社もいらっしゃいました(反響大!)。

ソフトバンクのホワイトプランはMG研修を参考に作られたそうです。ご興味ある方は、7月31日(金)にもMG研修受講説明会(助成金を活用して実質無料で)がありますので、是非ご参加してみてください。

・7月31日 (金) 14:15 - 16:00
 ソニーが開発したあの「MG研修」を、社員3名に無料で受講させる説明会(限定)
 http://www.eventbook.jp/join/422

ソニーが開発したあの「MG研修」を、社員3名に無料で受講させる説明会(限定)

本日は、「社員研修第二弾」として「営業マン」をテーマに助成金活用事例をご紹介します。

ソフトバンクはなぜPepper君を作ったのか

ソフトバンクの孫さんは、なぜPepper君を作ったのでしょうか。こちらにその発表記事がありますが、非常にワクワクする内容です。

  1. 日本の労働人口は5000万人を割る
  2. Pepperくんを3000万台製造し、朝昼晩で9000万人分働き
  3. 月給は1万7000円
  4. クラウド型AIシステムに統合し一瞬にしてスキルを共有化
  5. 2050年、日本は1億人の製造業人口を抱え、月給は世界最安値、
    その時点で世界一のGDP大国になれる!

※その他詳細はこちらから → http://sme21.jp/service/

日本の人口減少を防ぐことは、なかなかに難しいです。であれば、「ロボット」を仲間に迎え、足りない分の労働人口を賄ってもらう。考えてみればすごくまっとうな話です。これが上手く行ったら素晴らしいことです。

実現まで後10年くらいでしょうか。是非実現させたいですね。

今すぐ採用できるロボットとは、それは「ホームページ」!

Pepper君は「いずれ活躍してもらう」として、今すぐ採用できるロボットとは一体なんでしょうか。それは「ホームページ」です。

もちろんできることは限られますが、その特性を理解すれは本当に大活躍してくれます。

●ホームページをロボットに見立てた場合の強み

  1. 全国から新規問い合わせを集めてくれる
  2. 24時間365日稼働してくれる
  3. 月額500円のサーバ費用だけで働いてくれる

月給500円で不眠不休で新規営業を担当してくれます。
実際に弊社のホームページは、月間26件の問い合わせを集め、そこから6月は8件の受注がありました。1件あたり数十万円の利益が出る商材でしたので、本当に楽です。

ただ、もちろんこのロボットは「クロージング(受注)」までは出来ません。ですので、この26件の問い合わせは2名の人間が担当しています。ロボット(この場合はホームページ)の特性に合わせ、上手く人間がフォローに入り、チームを組んでいく。こう考えることで非常に効率的な営業を行うことが出来るようになります。

ホームページを誰でも量産できる「研修」があります!

弊社の方では60種類の「助成金対応研修」を提供しています。以前は「この中から選んでいただければ助成金使えますよ」と説明していましたが、最近ではその説明の仕方をやめてしまいました。

ある時期から、研修を実施する企業の90%くらいが「MG研修」と「ホームページ作成研修」に集中するようになってしまいました。

ホームページを誰でも量産できる「研修」があります!

※研修中実際に作成するサイト例です

助成金の活用には「社内の●●という問題を解決するために、社員に研修を実施する」と考えます。だいたい、どんな問題でも、優秀なマネージャーと不眠不休で働く営業マンがいれば「だいたいは解決する」という結論になります。

まあ、確かにその通りです。

まとめと総括

  1. MG研修で、社長の右腕を量産する
  2. ホームページ作成研修で、営業マンを量産する
  3. この二つを助成金を活用して「実質無料」で毎年実施する

今回お伝えしたいことは上記3点でした。

国は私たち中小企業経営者のために非常にさまざまな金銭的支援をしてくれています。是非上記の考え方を参考にしていただき、さまざまな研修を上手く活用して「強い会社作り」につなげてください。

補助金・助成金は「もらうことが目的」ではありません。
「強い会社を作る」ための金銭的な施策でしかありません。

ご興味ある方は、助成金申請説明会にまずはご参加ください。
(日程一覧)https://www.eventbook.jp/category_company.php?corp_no=11

では!

白石 崇(しらいし たかし)

白石 崇(しらいし たかし)
筑波大学時代、吉田研究室にてコンピュータコミュニケーションを専攻。
大学卒業後、NTTに入社。SE、営業、プロバイダーぷららの企画部を経験。
2001年、(株)サイバーエージェントに入社。同社初のコンテンツ制作部門「メルマガファクトリ」立ち上げ。
2002年、「(株)ライトアップ創業( http://www.writeup.co.jp )。
創業後、企業のメールマガジン編集代行業務から、バズマーケティングと事業領域を広げ、現在ではクラウドサービスの共同開発組合(JDネット: https://jdn.wgps.jp/ )を運営、加盟企業は1,300社超。
また、国内初の「補助金・助成金取得支援クラウドサービス:Jマッチ( http://www.jmatch.jp )」をリリース。
2014年現在14期目突入、社員80名。