PowerPoint編LEVEL3

便利機能:クリップアートをもっと便利に使う方法

あるあるこんな悩み

前回は「図形を編集して理想の形を作る方法」を紹介しました。これで挿入した図形の形を変更することが出来るようになったかと思います。
続いて今回は、BB-WAVEでもダウンロードできるクリップアートを自由に編集して、もっともっと便利に使える方法をお伝えします!

クリップアートを自由に編集する

そんなとき使える、PowerPointの便利機能は?

クリップアートを編集するには・・・?

  1. ■ 今回は、人気の高い「人物アイコン」から「パソコンを使う会社員」のクリップアートを使用します。
■POINT1:クリップアートを編集する
  1. 1:まずリボンの〔挿入〕をクリックし、〔画像〕からクリップアートを挿入します。
      このとき、ファイルは必ず拡張子が〔.wmf〕形式になっているものを選んでください。

  2. 2:挿入した図を選択し、〔Shift〕+〔Ctrl〕+〔G〕を押してグループを解除します。
      描画オブジェクトに変換をするか、確認のダイアログBOXが表示されるので〔はい〕を選びましょう。
  3. 3:再度〔Shift〕+〔Ctrl〕+〔G〕を押して完全にグループを解除すると、変更をしたい箇所を
      個別に編集することが可能です。
  4. 4:色を変更するときは、変更したいオブジェクトを選択し
      リボンの〔書式〕にある〔図形の塗りつぶし〕から好みの色を選ぶことで変更ができます。
  5. 5:形を変更するとき、変更したいオブジェクトを選択し
      リボンの〔書式〕にある〔図形の編集〕から〔頂点の編集〕を選択しましょう。
  6. 6:表示された頂点を、前回の「図形を編集して理想の形を作る方法」POINT1の3以降を参考に
      編集することで、理想の形に変更することができます。
  7. 7:形を変更してみると、下記の図のように色が塗ってある箇所と枠線が別のオブジェクトに
      なっている事があります。そういう時は、枠線のオブジェクトを選択し〔Delete〕キーで削除しましょう。

    塗りと枠線が別のオブジェクトになっている時


    〔Delete〕キーで枠線を削除した時
  8. 8:枠線のなくなったオブジェクトの上で右クリックをして〔図形の書式設定〕を呼び出し、
      〔図形オプション〕から〔線〕を選び、線の色と幅を選択することで、連動した枠線をつけられます。
  9. 9:編集が終わったら、オブジェクトを全て選択し〔Ctrl〕+〔G〕を押すことでグループ化を行います。
      これで全てのオブジェクトが連動するようになり、配置変更や縮小拡大を行うときも安心です。

    オブジェクトを全て選択した時


    〔Ctrl〕+〔G〕キーでオブジェクトをグループ化した時
■POINT2:オブジェクトにテキストを挿入する

クリップアートの形をかえずに、文字だけを変更や追加したい!という時の方法はこちら。

  1. 1:クリップアートを挿入して選択後、〔Shift〕+〔Ctrl〕+〔G〕を2度押しグループを完全に解除します。
      ここまではPOINT1の1〜3と同じですね。
  2. 2:編集可能になったオブジェクトから、不要な箇所を選択し〔Delete〕キーで削除します。
      ここでは、文字のGoodを削除しました。
  3. 3:テキストを挿入したいオブジェクトの上で右クリックを行い、テキストの編集を選択します。
      これで、オブジェクト上で自由に文字を書くことができます。
  4. 4:文字を記入後、再度オブジェクトの上で右クリックをし、〔図形の書式設定〕を呼び出し、
      〔文字オプション〕から〔テキストボックス〕を選んで〔垂直方向の配置〕や〔余白〕を使って
      文字の配置をを調整します。

いかがでしたか?クリップアートのグループを解除すると、色違いやバージョン違いを好きに作ることができ、企画書に使える図の幅が広がりるので、ぜひ気軽に試してみてください。

※ Microsoft Office PowerPoint 2013における入力方法をご紹介しています。

  • クリップアート配布元によって、編集を禁止している所もあります。

    知らずに使っていても、盗用として多額の請求をされてしまう事もありますので、

    自分や会社を守る為には著作権を侵害しないよう、各サイトの利用規約をしっかりチェックをするように心がけましょう!

バックナンバー一覧