PowerPoint編LEVEL3

便利機能:図形を編集して理想の形を作る方法

あるあるこんな悩み

企画書を書いている時に枠や矢印など図を挿入すること、よくありますよね。挿入してみると、使いたい形とほんの少し違う。という事がありませんか?
今回は、挿入した図形を編集する方法をお伝えします!

図形を好きな形に編集する

そんなとき使える、PowerPointの便利機能は?

挿入した図の形を変えるには・・・?

  1. ■ 今回は、吹き出しや強調アイコンとして使うことも多い図形「爆発1」を使用します。
■POINT1:図形をつかう
  1. 1:まずリボンの〔挿入〕をクリックし、〔図形〕の爆発1を選択し、図を挿入します。
  2. 2:挿入した図を選択し、リボンの〔書式〕をクリック、
      〔図形の挿入〕にある〔図形の編集〕から〔頂点の編集〕を選びます。

  3. 3:図が黒い点と枠に囲まれた状態になりますが、この黒い点である〔頂点〕が変更できる対象です。
      変更したい箇所の頂点をドラッグして移動させて見ましょう。
  4. 4:図の形が変化しましたが、数箇所移動させているうちに一部が歪んでしまいした。
      そんな時は、白枠の点〔ハンドル〕を移動させて角度を調整してみてください。
      そうする事で形を整えることが可能です!

    角度調整前、図の下部が歪んでいる


    角度調整後、歪みの無い状態に修正されている
  5. 5:他にも、もっと頂点を増やしたいときは〔Ctrl〕キーを押しながら、黒線の上をクリックしてみましょう。
      新しい頂点が追加されますので、STEP3〜4と同様に形を整えていけば完成です。

    頂点の追加


    追加した頂点の調整後
■POINT2:角度調整の連動設定

頂点を追加して、形を変更しようとしたら頂点を挟んで左右のハンドルが連動してしまい自由に形が作れない!そんなときの方法がこちら。

  1. 1:角度を調整しようとしたら左右のハンドルが連動して動いてしまう事があります。
      そういう時は〔Alt〕キーを押しながら動かしてみましょう。

    ハンドルが連動した時


    〔Alt〕キーで連動を解除した時
  2. 2:再度連動させたいときは〔Shift〕キーを押しながら動かしましょう。
      また、変更させる幅は連動させずに角度だけを連動させる時は〔Ctrl〕キーを押しながら動かします。

    〔Shift〕キーで長さ、角度ともに連動した時


    〔Ctrl〕キーで角度だけ連動した時

いかがでしたか?頂点の編集を使えば、企画書の内容に合わせて最適な図形が作れるますよ。
次回は、頂点の編集でBB-WAVEのクリップアートがもっと便利に使える方法をお伝えします!

※ Microsoft Office PowerPoint 2013における入力方法をご紹介しています。

  • 角度調整が思った通りに出来ないときは、一度〔Shift〕キーを使ってハンドルの連動させましょう。

    連動したまま片側の角度を思い通りに調整したあと、〔Alt〕キーで連動を解除し、もう片側を調整すると綺麗な形が作りやすいですよ。

バックナンバー一覧