PowerPoint編LEVEL3

便利機能:画像の不要な部分を削除する方法

あるあるこんな悩み

PowerPointに写真やイラストを挿入すること、よくありますよね。新製品の案内やプレスリリース、また社内報など、その用途はさまざまです。そんな文書を作成するとき、使いたい写真に不要なものが写っている事がありませんか?本日は、PowerPoint2010から可能になった、写真背景を削除するワザをご紹介。

画像の不要な部分を削除する方法とは?

そんなとき使える、PowerPointの便利機能は?

写真の背景や画像の不要な部分を削除する、その方法は・・・?

  1. ■ 今回は下図の「スマートフォントを持つ手」から背景を削除してみましょう。
  2. 1:まず写真を挿入し、その写真を選択した状態にします。
  3. 2:その状態でリボンの〔書式〕をクリックし、〔背景の削除〕をクリックします。
  4. 3:写真の一部が紫色に変化しますが、この紫色の部分が削除する対象です。
      写真の中に表示された枠線が「削除しない対象を指定した範囲」なので、枠線の右下をドラッグして
      指定範囲を広げてみましょう。
  5. 4:写真の紫色になっている部分が変化しましたね。
      これで残したい対象はすべて含まれましたが、まだ削除したい対象が残っています。
  6. 5:つぎは、リボンの〔削除する領域としてマーク〕をクリックします。
  7. 6:削除したい箇所をマウスでドラッグすることで、削除する対象を増やすことが出来ます。
  8. 7:もし、意図しない箇所が選択された場合はリボンの〔マークの削除〕でマークをクリックするか、
      〔保存する領域としてマーク〕で残したい箇所をドラックして下さい。
      削除する箇所がすべて指定できたら、リボンの〔変更を保持〕を押しましょう。
  9. 8:背景が削除され、「スマートフォントを持つ手」だけが残りました。これで完成です!

特殊な画像処理ソフトを使わなくてもPowerPointで出来てしまうので、本当に便利なこの機能。もちろん背景だけではなくクリップアートの一部を消すという使い方も出来ます!

例1:クリップアートの一部を消す

重なりあった本を一番上にある一冊だけにする事も!

例2:タブレットの画面を入れ替える。

タブレットの画面に当たる部分を削除すると、削除部分は透過になります。背面へ別の画像を差し込むことで画面を入れ替えることが可能です。

いかがでしたか?写真やクリップアートなど、画像の不要な部分を消すことが出来れば、使える画像の幅も増え、PowerPointの仕上がりも見違えるようになりますよ!
ぜひマスターして、一歩抜きんでたPowerPoint文書や企画書を作ってみてください!

※ Microsoft Office PowerPoint 2013における入力方法をご紹介しています。

  • 思ったように選択が出来ないときは、細かくマーカーを書くのがポイントです!

バックナンバー一覧