Word編LEVEL2

ショートカット:項目の空白を調整

あるあるこんな悩み

セミナーや懇親会の案内状を書く際、時間や集合場所などを項目立てして書く場合がありますよね。

そんなとき、 右図のように、左の項目の頭を揃えることは簡単ですが、それに対する右の値の先頭が不揃いになってしまって、なんだか気持ちがワルい、なんてことありませんか? 今回は、この不揃いの気持ち悪さを解消する技をご紹介!

先頭が不揃いで気持ちワルい・・・

そんなとき使える、Wordのショートカットは?

そもそもなぜ文字が揃わないのか?

まずは、文字が揃わない理由をおさらいしておきましょう。それは、等幅フォントを除いて、たいていのフォントはそれぞれ文字ごとに幅が若干異なるためです。

〔Tab〕キーを使おう

そこで活躍してくれるのが〔Tab〕キー。「tabulate=一覧表にする」という意味を持つ〔Tab〕ですが、その名の通り、項目を整頓してくれる役割を持っています。

使い方はいたって簡単。これまで〔Space〕キーで調整していた空白を、〔Tab〕キーで行うだけ。
すると下記のように、右に続く項目の頭を揃えて入力することができます。

さらには右に続けて、複数の項目を揃えていくことも可能です。

いかがでしたか? いつも右の項目の頭が揃わなくて・・・、と歯がゆい思いをしていたみなさん、これであの気持ち悪さに別れを告げることができますよね!

ちなみに、〔Tab〕キーは他にも、フォーム入力で重宝する「項目の移動」や、アプリケーションを切り替える「タスクの切り替え」など便利なものがあります。ぜひあわせてマスターあれ!

※ Microsoft Office Word 2007における設定方法をご紹介しています。

バックナンバー一覧