Word編LEVEL2

便利設定:クイック スタイル セット

あるあるこんな悩み

Word文書を書いていると、「このテキストの書式、さっきも別のテキストに使ったなぁ」と思うことがあります。
例えば、見出し。
テキストを太字にして、フォントサイズを大きくして、色を付けて下線をひいたりしますが、よく考えたら、見出しを立てる度に、毎回同じ作業をしてしまっていませんか? そこで、今回はそんな手間を省いてくれる、とても便利な機能「クイック スタイル セット」ご紹介します。

 

もっと簡単に書式を設定できれば・・・

そんなとき使える、Wordの便利設定は?

クイック スタイル セット

Word 2007には、「クイック スタイル セット」という機能があります。これは、よく使う書式をあらかじめパターン化し、必要なときに簡単に呼び出せる、という機能です。 〔ホーム〕タブ内の右側にあるのがそれです。

赤枠にある、下矢印を押すと、あらかじめプリセットされている、スタイルギャラリーを見ることができます。

よく使うスタイルがこの中にある場合は、スタイルを変更したい文字列を選択して、スタイルギャラリーから任意のものを選べば、スタイルを適用することができます。

新しいスタイルを自分で作成する

もちろん、プリセットされている書式以外にも、自分で好きなように、スタイルを作ることができます。 その方法は下記です。

  1. 1. 作成したいスタイルを準備し、その文字列を選択します。 例として、ここでは、「BB-WAVE OFFICE MASTER」という文字列に、 色=青、フォント=Century、サイズ=12の書式を設定します。
  2. 2. 選択した上で右クリックし、メニューにある [スタイル] から、[選択範囲を新しいクイック スタイルとして保存] をクリックします。
  3. 3. 最後に、スタイルに覚えやすい名前をつければ完了です。 ここでは、「OFFICE MASTER」と名付けました。

そうすると、作成したスタイルがクイック スタイル ギャラリーに表示されます。以降、上記のフォントに設定をしたい場合は、ひとつひとつ色を変え、サイズを変え、フォントを変えなくとも、書式を変更したい文字列を選択して、スタイルギャラリーから「OFFICE MASTER」スタイルを選べば、簡単に、かつ間違うことなく同じ書式を設定できます。

考えてみたら、異なる文書でも自分なりによく使うスタイルがあるな、という方は、いっそクイック スタイル セットに新しいスタイルとして登録してしまうことをオススメします。

ちなみに、書式だけをコピーして別のテキストに張りつける、「書式のコピー」のショートカットもあります。
こちらもあわせてマスターあれ!

※ Microsoft Office Word 2007における設定方法をご紹介しています。

  • よく使う書式は、クイック スタイル セットに登録しよう!
  • ※上のボタンにマウスオンで、キーの位置を確認!

バックナンバー一覧