Word編LEVEL2

ショートカット:右揃え/左揃え/中央揃え

あるあるこんな悩み

添え状や案内状などの文書には、発行者や発行日などの署名やクレジットを入れますよね。本文はたいてい左揃えで入るので、それと区別するために、署名やクレジットは右下や右上に配置されるのが一般的です。Wordを使ってこのような文書を作る方もいらっしゃると思います。そこで今回は、右揃えや左揃えといった段落の配置のショートカットをご紹介!

「右揃え」「左揃え」などの段落配置のショートカットは?

そんなとき使える、Wordのショートカットは?

段落を右揃え〔Ctrl〕+〔R〕

段落を選択し、〔Ctrl〕+〔R〕を押すと段落を右揃えにすることができます。覚え方は、Rightの〔R〕。

段落を左揃え〔Ctrl〕+〔L〕

段落を選択し、〔Ctrl〕+〔L〕を押すと段落を左揃えに配置できます。こちらは、Leftの〔L〕ですね。

段落を中央揃え〔Ctrl〕+〔E〕

段落を選択し、〔Ctrl〕+〔E〕を押すと段落を中央揃えにすることができます。 ここで、中央=Centerの〔C〕じゃないの? とお思いの方もいらっしゃるかもしれませんが、〔Ctrl〕+〔C〕にはショートカットの基本中の基本である「コピー」が割り当てられていましたよね。
なので、中央揃えの覚え方としては、〔cEnter〕、つまり2番目のスペルの〔E〕と覚えるとわかりやすいと思います。

上記のショートカットは、Word 2002や2003のバージョンでも共通に使えますが、Word 2007では、「右揃え」「中央揃え」の2つに、さらなるアクションが設けられています。

段落の左揃えと右揃えを切り替える 〔Ctrl〕+〔R〕(Word 2007の場合)

すでに右揃えで配置された段落に、さらに〔Ctrl〕+〔R〕を押すと「左揃え」にすることができます。そしてもう一度押すと「右揃え」。つまり、Word 2007では、「左揃え」と「右揃え」の切り替えが可能なのです。

段落の中央揃えと左揃えを切り替える 〔Ctrl〕+〔E〕(Word 2007の場合)

こちらも同様に、すでに中央揃えで配置されている段落に対して〔Ctrl〕+〔E〕を押すと「左揃え」になります。もう一度押すと「中央揃え」。Word 2007では、「左揃え」と「中央揃え」の切り替えとして機能します。

このように、Word 2007では「切り替え」の機能も追加されていますが、基本的には、
「右揃え」:Rightの〔R〕
「左揃え」:Leftの〔L〕
「中央揃え」:Centerの〔E〕
と覚えておくのがオススメです。ぜひマスターあれ!

※ お使いのWordのバージョンにより、動作が異なりますのでご注意ください。

バックナンバー一覧