Internet Explorer編LEVEL1

便利設定:別窓指定のリンクのタブの開き方(フォアグラウンド/バックグラウンド)

あるあるこんな悩み

キーボードショートカットを使ったタブの移動やマウスホイールでの中クリック、みなさんもそろそろInternet Explorerを使いこなせるようになってきましたよね。ところで、せっかく中クリックでリンクを別タブで開けるようにはなったけど、そのタブが手前で開いてくれるともっといいのだけどなぁ、なんて思った方はいませんか? そんなときは、環境設定で自分好みにカスタマイズしてしまいましょう。

新規タブでリンクが開くとき、手前に表示されるように設定を変更しよう

そんなとき!解決法は?

アプリケーションには、たいてい〔環境設定〕があり、ファイルの保存場所や表示する文字サイズの大きさなどを自分に合った設定に変更できるようになっています。Internet Explorerも例外ではなく、タブの開き方や表示順などを好みに応じて設定できるようになっています。
今回は、リンクを新規タブで開く際に、バックグラウンドで開いてしまうデフォルトの設定を、フォアグラウンド(前面)で開く設定へ変更する方法をご紹介します。

  1. 1、メニューバーの〔ツール〕から〔インターネットオプション〕を選択
  2. 2、インターネットオプションウィンドウが開いたら、タブの〔設定〕ボタンをクリック
  3. 3、タブブラウズの設定ウィンドウの〔新しいタブの作成時には常に新しいタブへ移動する〕にチェックを入れて〔OK〕を押します。
  4. 4、インターネットオプションウィンドウも〔OK〕を押して閉じましょう。

以上で設定は完了です。
では、早速設定がうまくいったか確認してみましょう。 下のリンクをクリックしてみてください。

BB-WAVE 「OFFICE MASTER」

どうですか? クリックすると別タブで開くと思いますが、それがフォアグラウンドで開いていれば設定OKです。
これまでは、リンクをクリックしてからバックグラウンドで開いたタブにわざわざ移動しなきゃならなかった、なんて思っていた方には、この設定はオススメですよ。ほんのひと手間で出来ますので、後回しにしないで今やりましょう!

※ 上記は、Internet Explorer 7における設定手順です。

バックナンバー一覧