Windows編LEVEL1

ショートカット:元に戻す/やり直し

あるあるこんな悩み

パソコン作業をしていると、間違ってしまうことってよくありますよね。例えば、メールや文書の作成中に起こるタイプミス。そうです、打ち間違え。しっかり打っているつもりでも、ローマ字のままになっていたり、漢字の変換がおかしかったりと、いつも頭を悩まされます。他にも、エクセルでの数値入力や、エクスプローラ上でのファイルのコピー、名前の変更(ショートカットのおさらいはコチラ)、などなど挙げればキリがありません。いくら精巧なパソコンといえども、操作しているのは人間ですから、それは当然ですよね。 今回は、そんなミスしてしまったときに活躍する、スマートなケア方法についてご紹介します!

正しく打っているつもりでも、ついやってしまうタイプミスや変換ミス

そんなとき! 使えるショートカットは?

答えは簡単! 間違ったら戻ればいいのです。正常だったところまで元に戻してみます。やり直しが効くのがパソコンのいいところ。間違った! と思ったら〔Ctrl〕+〔Z〕を押してみましょう。これは何を隠そう「元に戻す」のショートカット。2度でも3度でもパソコンが覚えている分だけ、作業を元に戻してくれます。勢いづいて戻しすぎちゃった! なんてことになっても大丈夫。〔Ctrl〕+〔Y〕でやり直しがききます(※1)。戻りたいところまで戻ったら、作業を再開すればいいのです。文書作成中のタイプミスは〔Back Space〕キーで修正してもいいのですが、一度のタイピングで長い文章を打ったときには、文字を一字一字消していくよりもスマート。うまく使い分けをしましょう!

もちろん文書やメール作成以外でも〔Ctrl〕+〔Z〕は活躍してくれます。 例えば、マイピクチャに保存してある画像を誤まって削除してしまった! なんてとき。〔Ctrl〕+〔Z〕を押してみてください。消えた画像が復元されてきます(※2)。わざわざゴミ箱を開いて、その中から消してしまった画像を探して元に戻す、という工程を踏まなくて済むんです。他にも、パワーポイントでせっかくキレイに配置したオブジェクトをずらしてしまった、とか、ファイルをコピーしたけどやっぱり必要なかった、などいろんな場面で活躍する〔Ctrl〕+〔Z〕。とても万能なショートカットキーなのです。今回紹介したケースはほんの一握り。あなたのパソコンライフを、「元に戻す」がスマートにしてくれることでしょう!

※1 アプリケーションによっては動作しないことがあります。
※2 ごみ箱にファイルを残す設定になっていることが前提です。

バックナンバー一覧