「見やすく、読みやすく、わかりやすく」がグッドプレゼンテーションの大原則。よい企画をより魅力的にする企画書のデザインを伝授。講師:トダセイイチロウPROFILE

VOL.4:読みやすい文字の大きさと行間を学ぶ


今回は、書体(フォント)について。あなたは普段、どんな書体を使って企画書を作成していますか?
書体はそれ自身、イメージを持っています。企画書の内容に合った書体をセレクトすることで、イメージを増幅させ、より効果的にプレゼンテーションを行うことが可能です。
訴えたい内容に合わせて書体を使い分けることを覚えましょう。


[目次]
STYLE1:書体(フォント)の基礎知識
STYLE2:企画書のイメージに合わせた書体選び
STYLE3:読みやすい文字の大きさと行間
今回の「イチオシ!」:フォント感覚を身につけよう!

■STYLE1:書体(フォント)の基礎知識

和文の基本書体には「ゴシック」と「明朝」があります。
ゴシック体は角張っていて、全体に太さが均一の書体。縦線が太く横線が細い明朝体は、筆文字のようにはねやはらいも表された書体です。ほとんどのパソコンには、このゴシック体と明朝体が標準で備わっています。
種類はたくさんありますが、皆さんがよく使われるのは、「MS Pゴシック」や「MS P明朝」でしょうか。

和文の基本書体「ゴシック」「明朝」

同じように欧文にも、「セリフ」「サンセリフ」「スクリプト」という基本書体があります。
セリフは、線の端にある短い横線やひげのような飾りのことで、これがあるのが「セリフ」、ないのが「サンセリフ」です。和文の「ゴシック」にあたるのが「サンセリフ」と言えるでしょう。
この他、特殊なキャラクター文字など、書体の数はとてもたくさんあるのです。

欧文の基本書体「セリフ」「サンセリフ」「スクリプト」

■STYLE2:企画書のイメージに合わせた書体選び

さて、その数ある書体の中からどれを選ぶかが、企画書作成の際のポイントとなってきます。
男性をターゲットとしたものなら男性っぽい書体、女性をクローズアップしたものなら女性っぽい書体などと、書体の持つイメージを吟味して選びましょう。

男性っぽい書体と女性っぽい書体
かわいらしい書体と和風の書体

気を付けたいのは、一つの企画書の中に、何種類もの書体を折り混ぜてしまわないこと
ごちゃごちゃとした印象を与えてしまいかねません。複数の書体を用いる場合は、まとまりを出すために、ゴシック系ならゴシック系、明朝系なら明朝系で統一しましょう。
さらに、「HG」なら「HG ゴシックE」「HG ゴシックM」というように、同じファミリー(仲間)の書体で揃えると、読みやすい上に美しいです。

ただし、タイトルなどポイントとなる場所に絞るのであれば、キャラクター系のくせのある特殊な書体を使って目を引かせるのも問題ありません。
なお、キャラクター系の書体は長文になると読みづらいので、本文ではなくタイトル等にアクセントとして使うのがベストです。

見出し(タイトル)には太い書体、本文には細い書体を使うことも、基本として覚えておきましょう。

タイトルには太い書体、本文には細い書体を。

タイトルには太い書体、本文には細い書体を。

■STYLE3:読みやすい文字の大きさと行間

新聞や雑誌、本などすべてそうですが、文章は、読み手が読みやすいように、<文字の大きさ>と<行間>が考えられています。プリントアウトして配るのであれば、文字の大きさは、

・「扉やタイトル」───12ポイント以上
・「本文」───10〜14ポイント程度
・「キャプション」───7〜9ポイント

が妥当でしょう。それに合わせて、行間は、

・「扉やタイトル」───文字サイズ(12ポイント以上)の2倍
・「本文」───文字サイズ(10〜14ポイント程度)の1.5倍
・「キャプション」───文字サイズ(7〜9ポイント)の1.25倍

とします。

文字の大きさと行間の関係。

文字の大きさと行間の関係。

行間の指定は、
■PowerPoint 2003以前
 ツールメニューの「書式」から「改行」を選んで行えます。
■PowerPoint 2007以降
 ホームタブの段落グループ右下の小さな矢印を押すことでダイアログボックスが表示されます。
単位はポイントにしておき、書体の2倍等と計算します。

行間の指定は「書式」内のメニューから。

行間の指定は「書式」内のメニューから。

文章があふれてしまったとき、長体や平体をかけて無理矢理に納めると読みづらくなってしまうので、その場合は文章を削る努力を!

「キャプション」についてはVOL.2の【今回のイチオシ!】をご参照ください。

この画像のPPT資料は、『パワーポイントテンプレート:スカイ』内の「スカイ」を使用しています。
▼ダウンロードはこちら

■今回の「イチオシ!」

フォント感覚を身につけよう!

このフォントはかっこいい、きれい、心が和む等、フォントの持つイメージを感じ取るにはフォントになじむことも大切。

フォントを扱ったサイトを訪ねて、ただ眺めるだけでも勉強になると思います。時間のあるときにぜひアクセスしてみてください。「MORISAWA」や「Dyna Font」といったメーカーのサイトから、「和文フォント大図鑑」といった全網羅的なサイトまでたくさんありますよ。

トダ セイイチロウ

トダ セイイチロウ
1967年東京生まれ。
グラフィック・デザイナー。
東洋美術学校造形デザイン科卒業。
企業デザイナー、広告制作会社を経て、2003年に「buzz graphix(バズ・グラフィックス)」を設立。
紙媒体を中心にデザイン制作を行っている。