悩み商談の席で、先方が自分の名前を間違って呼んでいる!

初めて出かけた商談の席。

先方は、にこやかに対応してくれるんだけど、ボクの名前を間違って呼び続けている。

「キリボシくん、キリボシくんはさぁ・・・」

画像

「キリヌケなんですけど・・・」と指摘したいところだけど、今日は初めての顔合わせ。そんなに親しい間柄でもないし、先方は、明らかにエライ感じの人。

大事な商談で、とりあえずついてきた下っ端のボクが、話の腰を折るわけにもいかないし・・・。

こんなとき、その場で訂正するべき? それとも、しないほうがいい?

解答商談という大事な席なら、黙っているのがベター

営業 40代後半さんの切抜け方

大事な商談の場。やはり黙っているのがベターだと思います。

しかも、テンポよく話が進んでいるようですし、重要ではない些細なこと(切抜くん、ゴメンナサイ!)で、話をさえぎるのは得策ではありません。

ただし、いつまでも間違った名前を呼ばせるのも、先方に恥をかかせることになります。
機会をみて、間違っていることをさりげなく教えてあげましょう

例えば帰社したあと、本日のお礼メールに「実は私の名前は、キリヌケです。ですが、私を覚えて頂けるなら、キリボシでもかまいません!」など、冗談っぽく書き添えるのもひとつの手。逆に自分を印象づける、いいきっかけ作りにもなります

商談の雰囲気次第では、その場で訂正して、笑い話にするのもいいでしょう。その場合は、上司がタイミングよく訂正してくれるといいですね。

そうですよね! 商談に関係ないことですし、その場でツッコミを入れて、先方を怒らせてしまったら大変ですよね。帰ってから、お礼メールで知らせるというのは、とってもいい考え。ピンチをチャンスに変えてこそ、デキるビジネスパーソン! ですね。