悩みマズイ! 大勢と名刺交換をしたら、顔と名前が一致しない!!

画像

名刺交換をひと通り終えて着席すると……顔と名刺が一致しない!

名刺を着席順に並べようと思ってもうろ覚えだし、並べ間違えたら先方に失礼かも。
こんなとき、どーする、オレ!?

解答相手の特徴をデッサンしておくべし

営業職 51歳さんの切抜け方

名刺を受け取る際に「メガネ」「赤いネクタイ」「鼻の横にホクロ」など、相手の特徴を見つけてから受け取りましょう。 同時に受け取った時に相手の席順に手の中で並べ替えてしまうと安心ですよ。

そして、商談の時に名刺を着席順に並べるのは一般的ですが、あとになって顔と名刺を一致させようと思っても、思い出せないこともあります。

そんな場合は、ノートに着席の状態と相手の特徴をデッサンしておくと、意外と忘れないものです。
絵が苦手な人は名刺を受け取る際に見つけた「メガネ」「赤いネクタイ」「鼻の横にホクロ」などの特徴を文字で書いておくのもいいでしょう。

こうしておけば、あとでゆっくり名刺と照らし合わせて整理ができます。
それでも不安な場合は、同席した人と確認し合えば、大抵は一致すると思います。

ただし、これはメインで話をする人には向かない方法。話に集中していて、それどころではないと思います。
ですから、議事録をとる人にあらかじめ、こうしてほしいと指示を出しておくといいでしょう。

なるほど! 受け取った時に並べれば、着席の時点で並べなおすよりも間違いないですね。
商談時にノートへ特徴を書き込むのも、後から書くより間違いなく情報共有できるから、これなら会社に戻ってからみんなにも喜ばれるかも!