起業支援サイト「ドリームゲート」で累計面談相談数全国1位の中野裕哲氏。会社の作り方がわかる一冊「一番わかる会社設立と運営のしかた」(西東社)でもお馴染みの税理士が資金調達について伝授。

第73回 生産性向上と賃上げに取り組む企業向けの助成金「業務改善助成金」

BB-WAVE掲載日:2018年2月07日


第73回 生産性向上と賃上げに取り組む企業向けの助成金「業務改善助成金」

今回は「業務改善助成金」に関してお話しします。ここ数年、日本では生産性向上が叫ばれ、国を挙げての大きなテーマとなっています。合わせて労働者の最低賃金の引き上げも大きな課題です。業務改善助成金は、生産性向上と最低賃金の引き上げを支援する助成金で、厚生労働省系のものとなっています。従業員を雇用していて、設備投資を行う予定の会社や個人事業主は必見です。

1. 業務改善助成金とは

業務改善助成金は、中小企業・小規模事業者の生産性向上を支援し、事業場内で最も低い賃金(事業場内最低賃金)の引上げを図るための制度です。生産性向上のための設備投資やサービスの利用などを行い、事業場内最低賃金を一定額以上引き上げた場合、その設備投資などにかかった費用の一部が助成されます。

2.対象企業

事業場内の最低賃金が 1,000 円未満の中小企業と小規模事業者です。

3.支給要件

支給を受けるには次の要件を満たす必要があります。

  1. 事業実施計画を策定すること
    賃金引上善計画を策定します。
  2. 引上げ後の賃金額を支払うこと
    引上げ後の賃金額が、事業場内最低賃金になる必要があります。
  3. 生産性向上に資する機器・設備などを導入することにより業務改善を行い、その費用を支払うこと
  4. 解雇、賃金引下げ等の不交付事由がないこと など

4. 生産性向上のための投資品目

生産性向上のための投資品目は、設備・機器に加え、教育訓練や経営コンサルティングなどのサービスの利用も対象となります。

投資品目の例

  1. POSレジシステム導入による在庫管理の短縮
  2. リフト付き特殊車両の導入による送迎時間の短縮
  3. 顧客・在庫・帳票管理システムの導入による業務の効率化
  4. 専門家による業務フロー見直しによる顧客回転率の向上
  5. 人材育成・教育訓練による業務の効率化

5. 助成額

助成額は原則投資した額の7/10です。ただし常時雇っている従業員が30人以下の会社は3/4です。また生産性要件を満たせば7/10の場合は3/4に、30人以下の会社の場合3/4が4/5になります。

※ 生産性要件
生産性とは従業員一人あたりの付加価値のことです。次の計算式によって計算します。

第73回 生産性向上と賃上げに取り組む企業向けの助成金「業務改善助成金

この生産性の値が、助成金の支給申請等を行う直近の会計年度で、次のいずれかに該当する場合は、生産性要件が満たされます。

  1. 3年前に比べて6%以上伸びていること
  2. 3年前に比べて1%以上(6%未満)伸びていること
    (この場合、金融機関から一定の「事業性評価」を得ていること)

6.助成額の上限

助成額の上限は、事業場内の最低賃金と賃上げ額により決まります。例えば最低賃金が800円以上1000円未満の事業場で120円以上の賃上げを行った場合、助成額の上限は200万円となります。

事業場内
最低賃金の引き上げ額
上限額 助成対象事業場
30円以上 50万円 事業場内の最低賃金が
750円未満の事業場
40円以上 70万円 事業場内の最低賃金が
800円未満の事業場
60円以上 100万円 事業場内の最低賃金が
1000円未満の事業場
90円以上 150万円 事業場内の最低賃金が800円以上1000円未満の事業場
120円以上 200万円

平成29年度補正予算により30円コース・40円コースの対象事業場が、「事業場内の最低賃金が1000円未満の事業場」になり、全国の事業場が対象になります。

いかがでしたでしょうか?生産性向上をお考えの会社は検討してみてはいかがでしょうか。自社のケースではどうなのかなど、気になった方もいらっしゃるのではないでしょうか?さらに詳細をお知りになりたい方は下記の無料相談に申込みください。

起業コンサルV−Spiritsグループでは起業コンサルタント(R)や社会保険労務士がいろいろな助成金調達をご提案いたします。無料相談にいつでもお越しください。

起業コンサルV-Spiritsグループ
税理士法人・社会保険労務士法人・行政書士法人・司法書士事務所V-Spirits
http://www.v-spirits.com/

第73回 生産性向上と賃上げに取り組む企業向けの助成金「業務改善助成金」

中野 裕哲(なかの ひろあき)

起業コンサルタント(R)、税理士、特定社会保険労務士、行政書士、
ファイナンシャルプランナー(CFP(R)、一級ファイナンシャルプランニング技能士)。
起業コンサルV-Spiritsグループ代表(税理士法人・社会保険労務士法人・行政書士法人・司法書士事務所・株式会社V-Spirits/V-Spirits会計コンシェル・給与コンシェル・FPマネーコンシェル株式会社)。

起業家支援をライフワークとし、起業準備から起業後の経営に至るまで、窓口ひとつでまるごと支援する「まるごと起業支援ドットコム」を主催。
「起業支援を通して、この国を挑戦者であふれる国にしたい!日本を元気にしたい!」という理念のもと、年間約300件の起業相談を無料で受け、多くの起業家を世に送り出している。
日本最大級の起業支援ポータルサイト経済産業省後援DREAM GATEにて6年連続面談相談件数日本一。最優秀賞他8部門で受賞。起業の最前線、現場での支援経験に基づく独自の起業・独立ノウハウに定評がある。

All About「起業・会社設立のノウハウ」(オールアバウト社)にて公式記事執筆を担当。その他、TV、雑誌、新聞等の各種メディアにて起業に関する解説実績多数。著書・監修書は「一日も早く起業したい人が『やっておくべきこと・知っておくべきこと』」(明日香出版社)、「オールカラー個人事業の始め方」(西東社)、「オールカラー 一番わかる会社設立と運営のしかた」(西東社)など多数。

専門分野はビジネスプランのブラッシュアップ、事業計画書作成指導、創業融資、助成金・ 補助金の獲得支援、税務会計、人事労務、会社設立、許認可サポートなど。その他にもオフィス・店舗物件探し、ブランディング、マーケティング、メディア戦略、出版戦略、集客・販促などのアドバイス、人脈の紹介まで行う。