起業支援サイト「ドリームゲート」で累計面談相談数全国1位の中野裕哲氏。会社の作り方がわかる一冊「一番わかる会社設立と運営のしかた」(西東社)でもお馴染みの税理士が資金調達について伝授。

第2回 会社のハンコ

日本はハンコ社会といえます。郵便物の受取りなど、普段からハンコを押す機会がたくさんありますよね。それは起業して会社をつくってからも同じこと。見積書や請求書、契約書など、さまざまな書類に会社のハンコを押すことになります。ここでは、会社のハンコの種類や、それぞれの役割についてみていきましょう。

第1回 社名の付け方

会社のハンコは、町のハンコ屋さんやインターネットなどで購入できます。通常は代表者印、銀行印、角印の3本のセットで販売されています。それぞれの役割はどのようになっているのでしょうか。

@代表者印

代表者印は、会社設立の登記を申請する際に、法務局に届け出る印鑑。会社実印とも呼ばれます。私たちが市区町村の役場で個人の印鑑を実印として登録することと似ています。違いとしては、個人の実印は通常氏名、またはそのどちらかが印面に記載されますが、会社の代表者印には社長の個人名は入りません。これは、代表者印は代々受け継がれていくことが想定されているからです。

使用する場面としては、契約書など社長自らが決裁するような重要書類に押印するとき、登記の変更手続きをするときなどです。個人の実印同様社長本人が押印すべき重要な印鑑です。常に金庫に入れておくなど、厳重に保管するようにしましょう。

代表者印(=会社実印)※画像はイメージです。
代表者印(=会社実印)イメージ画像

A銀行印

銀行印は、会社の口座を開設するときに、金融機関に届け出るための印鑑。窓口で振込をするときや、何か変更手続きをするときなど、個人でも金融機関との取引の際には届け出印を押さなくてはなりませんよね。会社でも同様です。形は代表者印と似ていますが、中央の文字が「銀行之印」となっているものが主流です。

あまり知られていませんが、実は、代表印を銀行印として代用することも可能です。ただ、代表者印と銀行印を同じものを使用するのはオススメしません。その理由は2つ。まず、会社が大きくなって出納担当者を置くようになったときなどに、金融機関で振込手続きをする際に、同じ印鑑だと毎回代表者印(=会社実印)を預けることとなり、経営管理上、大いに問題があります。また、印鑑を破損した場合や、万が一失くしてしまった場合に。法務局と金融機関の両方に印鑑の変更手続きを取らなければならなくなり、リスク管理上も問題があります。

値段も2本セットも3本セットもさほど変わりませんし、会社を設立するときは3本セットを購入するようにしましょう。

銀行印 ※画像はイメージです。
銀行印イメージ画像

B角印

角印は、別名「飾り印」ともいわれるもの。個人の認印と同様、「普段使い」をする印鑑だと考えましょう。例えば、見積書や請求書、簡単な申込書など多くの場面で使用されます。3本の中では最も使用頻度が高い印鑑です。

最近ではあらかじめ請求書などのファイルに貼り付けておくため角印の画像データを作成できるソフトもありますので、毎月発行する請求書や定型のテンプレートがある書類などにはあらかじめデータ化して使用するものひとつの方法です。

値段も2本セットも3本セットもさほど変わりませんし、会社を設立するときは3本セットを購入するようにしましょう。

角印 ※画像はイメージです。
角印イメージ画像

いかがでしたでしょうか。会社で使用する3つの印鑑。起業すれば、この3つの印鑑が重要な役割を果たすことになります。会社設立をする際には3本セットで発注し、あわせて住所・会社名などが入ったゴム印や組み合わせ印なども作っておくことをお勧めします。

中野 裕哲(なかの ひろあき)

起業コンサルタント(R)、税理士、特定社会保険労務士、行政書士、
ファイナンシャルプランナー(CFP(R)、一級ファイナンシャルプランニング技能士)。
起業コンサルV-Spiritsグループ代表(税理士法人・社会保険労務士法人・行政書士法人・司法書士事務所・株式会社V-Spirits/V-Spirits会計コンシェル・給与コンシェル・FPマネーコンシェル株式会社)。

起業家支援をライフワークとし、起業準備から起業後の経営に至るまで、窓口ひとつでまるごと支援する「まるごと起業支援ドットコム」を主催。
「起業支援を通して、この国を挑戦者であふれる国にしたい!日本を元気にしたい!」という理念のもと、年間約300件の起業相談を無料で受け、多くの起業家を世に送り出している。
日本最大級の起業支援ポータルサイト経済産業省後援DREAM GATEにて3年連続相談件数日本一。最優秀賞他8部門で受賞。起業の最前線、現場での支援経験に基づく独自の起業・独立ノウハウに定評がある。

All About「起業・会社設立のノウハウ」(オールアバウト社)にて公式記事執筆を担当。その他、TV、雑誌、新聞等の各種メディアにて起業に関する解説実績多数。著書・監修書は「一日も早く起業したい人が『やっておくべきこと・知っておくべきこと』」(明日香出版社)、「オールカラー個人事業の始め方」(西東社)、「オールカラー 一番わかる会社設立と運営のしかた」(西東社)など多数。

専門分野はビジネスプランのブラッシュアップ、事業計画書作成指導、創業融資、助成金・ 補助金の獲得支援、税務会計、人事労務、会社設立、許認可サポートなど。その他にもオフィス・店舗物件探し、ブランディング、マーケティング、メディア戦略、出版戦略、集客・販促などのアドバイス、人脈の紹介まで行う。