起業支援サイト「ドリームゲート」で累計面談相談数全国1位の中野裕哲氏。会社の作り方がわかる一冊「一番わかる会社設立と運営のしかた」(西東社)でもお馴染みの税理士が資金調達について伝授。

第1回 社名の付け方

これから会社を設立しようとする起業家のみなさんがもっともこだわりたいものの一つ、それが社名ではないでしょうか。
社名は、正式には商号と呼ばれます。近年では、アルファベットや数字、記号などの文字を使うことも認められるようになり、自由度が上がりました。
昔に比べ、より個性的な商号が増えてきたのもこの影響です。会社設立入門講座の第1回目。商号を決める際のポイントについて、一緒にみていきましょう。

まず商号を決める上での最も基本的なルール(法律上の縛り)としては、次のような点があります。

  • 会社の種類(株式会社や合同会社など)は必ず入れる(後株、前株といわれるもの)
  • 「!」や「?」、「@」など、使用が認められていない記号もある(「-」などはOK)
    ※詳細はこちら(法務省のホームページへ移動します)
  • 「銀行」「信託」「保険」は、実際にこれらの業種でないと使用できない。

これ以外に注意するべき点は、以下のようなことです。
以前は、類似商号規制という厳しいルールがありました。同一市区町村内で同一の事業を行う場合には同じ商号で登記ができないというものです。
平成18年の会社法の施行で、この要件は大きく緩和されました。規制緩和をして、起業する人を増やそうという試みのひとつです。

これにより、今では、

  • 既に登記された商号と同一
  • 本店所在地も同一である

ときは、登記することができない。

というルールにまで緩和されました。

第1回 社名の付け方

つまり同じビル内で同じ商号の会社は登記できないというところまで緩和されたということです。
裏を返せば、隣り合うビルで、まったく同じビジネスを行うまったく関係のない会社が同じ商号でそれぞれ登記することも、会社法上では可能です。
こうしたケースは現実にはほとんどないですが、実際やってもよいのかというと、難しいかもしれません。

というのも、登記以外に不正競争防止法という法律での縛りがあるからです。
例えば、「株式会社ABCスタイル」という大人気の雑貨屋さんがあります。その人気にあやかってひと儲けしようと、すぐ隣のビルに「株式会社ABCスタイルズ」という会社を作りました。
この場合、登記は可能ですが、不正競争防止法という法律に引っかかってきます。

つまりは、株式会社ABCスタイルの営業を妨害するとして、株式会社ABCスタイルズには営業の差し止めなどの措置が行われる可能性があります。
この規定は社名に限らず、商品名や店名など幅広く適用されます。
もちろん妨害の意図が必要で、他社と同じ商号を付けたからといってすぐ適用されるわけではありませんが、念頭に置いておく必要はあります。

商号を決める際に、検討しておくべき大事なことがもうひとつあります。
営業上のことです。例えば、まだ固定電話がメインの通信手段だったころは、「あ」行で始まる商号が好まれました。電話帳ではじめに目に留まることが多いからです。
ただ、今では電話帳の代わりに、インターネットでの検索が主流となりました。そのため、商号を決めるときに頭文字を考慮するなんてことはなくなり、代わりに商品名・サービス名を商号に組み込むなど、SEO対策を意識して決めることも多くなりました。

また、ビジネス上の信頼感もアップすることから、会社名.jpや商品名.comなど独自のドメイン名となっているWebサイトやメールアドレスを持つことが主流となっています。 ただ、世の中には既に多くのドメインが存在していますので、せっかく思いついたドメインも他の人が使用しているかもしれません。

商号を決める前に、まずはドメインが利用できるか調べることもお忘れなく。以下のような、ドメイン検索サイトを利用すると便利です。

独自ドメインサービス(BIGLOBE)

中野 裕哲(なかの ひろあき)

起業コンサルタント(R)、税理士、特定社会保険労務士、行政書士、
ファイナンシャルプランナー(CFP(R)、一級ファイナンシャルプランニング技能士)。
起業コンサルV-Spiritsグループ代表(税理士法人・社会保険労務士法人・行政書士法人・司法書士事務所・株式会社V-Spirits/V-Spirits会計コンシェル・給与コンシェル・FPマネーコンシェル株式会社)。

起業家支援をライフワークとし、起業準備から起業後の経営に至るまで、窓口ひとつでまるごと支援する「まるごと起業支援ドットコム」を主催。
「起業支援を通して、この国を挑戦者であふれる国にしたい!日本を元気にしたい!」という理念のもと、年間約300件の起業相談を無料で受け、多くの起業家を世に送り出している。
日本最大級の起業支援ポータルサイト経済産業省後援DREAM GATEにて6年連続面談相談件数日本一。最優秀賞他8部門で受賞。起業の最前線、現場での支援経験に基づく独自の起業・独立ノウハウに定評がある。

All About「起業・会社設立のノウハウ」(オールアバウト社)にて公式記事執筆を担当。その他、TV、雑誌、新聞等の各種メディアにて起業に関する解説実績多数。著書・監修書は「一日も早く起業したい人が『やっておくべきこと・知っておくべきこと』」(明日香出版社)、「オールカラー個人事業の始め方」(西東社)、「オールカラー 一番わかる会社設立と運営のしかた」(西東社)など多数。

専門分野はビジネスプランのブラッシュアップ、事業計画書作成指導、創業融資、助成金・ 補助金の獲得支援、税務会計、人事労務、会社設立、許認可サポートなど。その他にもオフィス・店舗物件探し、ブランディング、マーケティング、メディア戦略、出版戦略、集客・販促などのアドバイス、人脈の紹介まで行う。