できる男の身だしNAVI(身だしナビ)

何となく日々くり返してきたグルーミング。もう充分にわかっているつもりでも、実は間違った知識を身につけていたなんてことも…。髪や身だしなみにまつわる豆知識や小ワザをご紹介します!

プロに学ぶ! ヒゲの正しい剃り方<その1:プレケア編>

ヒゲは柔らかくしてから剃るのが鉄則。そうでないと肌も刃も傷めるハメになる!

ヒゲの正しい剃り方

 朝急いでいたから、何もつけずに直に安全カミソリでヒゲを剃ったら剃り味が悪く出血した。なんてことは誰でも一度は経験があるはず。身だしなみを大切にするビジネスマンなら、せめてあと10分早起きして、きれいにヒゲを剃り、フレッシュな気持ちで仕事に向かいたい。

 では、実際どのようにしたらきれいにヒゲが剃れるのだろう?

 まず大事なのが剃る前のプレケア。ヒゲは身体の他の部分の毛よりも太いので、そのまま剃ったらガリガリして痛い上に、肌にも悪い。カミソリにも傷がつく。そういったことを防ぐために、多くの理容室では「蒸しタオル」でヒゲを柔らかくしてから剃っているのだ。

濡らさず蒸らさず、よく剃れる! カミソリ負けも防ぐ強力アイテム

 しかし、自宅で本格的な蒸しタオルを作るのは手間がかかって大変。できるとしても、洗面器にお湯をはり、タオルを充分に湿らせて「温タオル」を作るくらいだろうか。とはいえ朝は忙しく、温タオルを作る時間すら惜しい・・・。そんなビジネスマンは、手っ取り早くシェービング剤を使おう。

 蒸しタオルや温タオルを使わずとも、シェービング剤があれば、すばやくヒゲを柔らかくし、しっかり剃ることができるのだ。シェービング剤にはフォームタイプとジェルタイプがある。好みに応じて使い分けるとよし!

 剃り方については次回に詳しく説明しよう。

 関連記事