できる男の身だしNAVI(身だしナビ)

何となく日々くり返してきたグルーミング。もう充分にわかっているつもりでも、実は間違った知識を身につけていたなんてことも…。髪や身だしなみにまつわる豆知識や小ワザをご紹介します!

<白髪用>と<黒髪用>の違いってなに?

白髪染めを買うのって何だか恥ずかしい・・・。黒髪用じゃダメ?

白髪染めをしようと思っても、白髪用のカラー剤を買うのは正直恥ずかしい。特にドラッグストアやコンビニには若い人がたくさんいるし・・・。同じカラー剤なら別に黒髪用でもいいんじゃないのなんて思ってカラーをしている人、けっこう多いのでは。でも待った! <白髪用><黒髪用>がきちんと分かれているのだから、それぞれ特長も違うハズ。

白髪用と黒髪用は、同じだけど違う──!?
用途に合わせて、しっかり使い分けよう

ヘアカラーチャート

白髪用のカラーリング剤と黒髪用のカラーリング剤。髪色の元になっているメラニン色素を脱色して明るくし、ヘアカラーの染料(色素)を浸透させ発色するという、基本のしくみはどちらも同じ。では何が違うのか──!? 白髪用は、色(メラニン色素)のない白い髪にカラーを入れるため、黒髪用よりも染料の濃度が高い。他方、黒髪用は地毛を脱色して明るくすることに重点が置かれている、つまりは白髪用よりも脱色力が高いのだ。

さらに白髪用の場合、白髪の量によって仕上がりの見え方が違ってくるので注意。白髪が少ない人であれば、黒髪の色素と白髪用カラーが馴染み合い、仕上がりが暗く見えがち。「暗すぎる」と感じたら1段階明るめのものを使うとよい。逆に白髪の量が多い人なら、白い髪を染めるため全体の仕上がりが明るくなることも。その場合は1段階暗めのものを使うと地毛に近い色に染まる。

白髪用と黒髪用は、こうした特長を理解して上手に選ぶのが◎。ヘアカラー全般のポイントは、前回の「VOL.3:色がうまく入らなかった。色ムラできた。・・・ショック。上手にカラーリングするにはコツがある!」を要チェック!!

 関連記事