やった! ホームページ経由の問い合わせから成約! しかし・・・

営業担当の深い悩み
「御社のホームページを見たのですが・・・」
とある会社から、わが社の製品に興味があるという問い合わせが、ホームページ経由で入った。しかもなかなか大きな規模。
どうやら急ぎのようで、話はトントン拍子。初めての取引ということもあり、多少のお値引きはしたものの間もなく契約成立、製品の納品も無事に完了!
ところが、予定の期日が過ぎても代金が入金されない。おかしいな・・・と思って電話してみると・・・不通。これは一体どういうことかと思っていたところ、相手企業の倒産のニュースが!
  • 相手は歴史のある大きな会社みたいだったし、倒産するなんてまったく予想もしていなかったんです。
  • 驚くような急成長っぷりで最近話題になっていた、業界ではちょっとした有名企業。話の早さに舞い上がってしまいました・・・。

企業間取引の多くは、製品は先に出ていき、お金は後から入ってくる仕組み。だからその期間そのものが信用の上に成り立っている。しかしそのタイムラグの間、相手の企業に"何か"があれば、代金を支払ってもらえるかわからないのだ。これは頭が痛い・・・。
そんな事態を回避すべく、相手企業の経営状態や過去の活動状況などを事前に調査・分析して、今後の取引の判断に役立てることを『与信管理』と言う。でも、そんなことを事前に調べられるツールなんてあるの?

そこで、BB-WAVEがおすすめするのが、企業・財務情報!

今すぐ、企業・財務情報を見る

相手に違和感を感じたら、財務情報で調べてみよう!

財務情報を活用した事前検索は、与信管理に役立つ様々な情報が収録されている。売掛金が焦げ付く前に、相手企業の最新動向や実態の調査分析にはもってこいのツールだ。

  • 鮮度の高い情報!

    東京商工リサーチが調査した鮮度の高い企業データから、 財務情報を検索することが可能。与信調査したい企業の財務情報がきっと見つかる!

  • 業績がわかる!

    貸借対照表はもちろん、損益計算書、株主資本等変動計算書、財務比率表などの財務諸表を入手できる!

サンプル画像で企業情報をチェック!

例えば「賃借対照表」は、資産と負債を対照してチェックできるので、財務状態を把握するための基本的な情報となる。

取引の大小に係わらず、売掛金の回収は企業活動の基礎。自力ではなかなか入手できない情報が網羅された財務情報を上手に活用して、与信管理を始めてみてはいかがだろう?

与信管理は決して後ろめたいことではなく、むしろ企業にとっては常に心得ておきたい業務。不況下にある現代だからこそ"備えあれば憂いなし"なのだ!

※企業によっては、調査ができなかった項目は収録されていない場合があります。

今すぐ、企業・財務情報をみる

※実際の内容と異なる場合がありますので、予めご了承ください。
※詳しくはお問合せください。法人のお客様はこちら個人のお客様はこちら

 
TOP OF PAGE