Excel編LEVEL1

ショートカット:「シートの移動」「シートの選択」「ワークシートの挿入」

あるあるこんな悩み

エクセルには、「シート」という機能があります。月の売り上げをシートで区切ることで、月ごとのデータをひとつのエクセルファイルで管理することができ、大変便利ですよね。お使いの方も多いと思います。さて、そのシートですが、次のシートに移動するとき、少しだけ煩わしくありませんか? それは、シートを移動するタブが若干小さい設計であるためです。ならば、シートの移動もショートカットですばやく行ってみましょう! ということで、前回に引き続き、移動系ショートカット第二弾!

シートの移動をショートカットで行うには?

そんなとき使える、Excelのショートカットは?

前のシートに移動

〔Ctrl〕+〔PageUp〕を押すと、ブック内で前のシートに移動することができます。

次のシートに移動

〔Ctrl〕+〔PageDown〕を押すと、ブック内で次のシートに移動することができます。

応用として、 上記に〔Shift〕を追加すれば、下記のようなシートの選択も可能です。

現在のシートと前のシートを選択

〔Shift〕+〔Ctrl〕+〔PageUp〕を押すとブック内の現在のシートと前のシートを選択します。

現在のシートと次のシートを選択

〔Shift〕+〔Ctrl〕+〔PageDown〕を押すとブック内の現在のシートと次のシートを選択します。

最後に、ワークシートを挿入するショートカットもご紹介。

ワークシートの挿入

〔Shift〕+〔F11〕を押すと、ワークシートを挿入します。

シートの使い分けは、エクセルデータの見やすさにもつながります。一枚のワークシートに無理に収めようとせず、シートを有効に使って、他人にもわかりやすいエクセル作りを心掛けましょう!

※ Microsoft Office Excel 2007におけるショートカットをご紹介しています。
※ 〔PageUp〕〔PageDown〕キーのないキーボードもございます。

バックナンバー一覧

Excel(エクセル)編
Word(ワード)編