Internet Explorer編LEVEL1

ショートカット:履歴の表示/閲覧履歴の削除

あるあるこんな悩み

ワインの賞味期限について調べていたはずなのに、気付けばヨーロッパの世界遺産の写真に見入ってしまっていた。週末の天気を調べていたはずなのに、いつしか台風の語源解説ページを読んでしまっていた。
インターネットをしていると、しばしばこんな“寄り道”をしてしまいます。
のちに、ふと読み返そうと思ったときに、肝心のそのページに辿り着けない! 確かこのページのこの辺りにあるリンクを辿っていったはずなんだけど・・・、それらしきものがない。ということよくありますよね。
今回は、そんな寄り道ページを見つけ出すのに一役買ってくれるショートカットをご紹介します。

この間見つけたサイトなんだったっけ?
こんなことならブックマークしておけば良かった・・・

そんなとき!解決法は?

ページの履歴を表示する〔Ctrl〕+〔H〕

Internet Explorerなどのブラウザではたいてい、これまで閲覧したページを記録してくれています。それが、「履歴」というもの。〔Ctrl〕+〔H〕で表示することができます。 「履歴」=「History」の〔H〕と覚えましょう。

「履歴」では、その履歴を「日付順」「サイト順」「サイトを表示した回数順」などで並べ替えができるようになっています。例えば、先々週くらいに見たはずなんだけどなぁ、という時には、「日付順」で並び替えてみると、探しているページが見つかるかも知れません。また、検索機能を使えば、URLやページタイトルを対象にキーワードで検索が行えます。確かURLにこんな言葉が入っていたんだよなぁ、というわずかでも確かな記憶があれば、検索から探してみるのも有効な手段です。

閲覧履歴を削除する〔Ctrl〕+〔Shift〕+〔Del〕(※)

息抜き中にこっそり見た動画サイトや友人のブログ、履歴から削除しておきたいということありますよね。
Internet Explorer 8では、ページの履歴を簡単に削除できるようになりました。
〔Ctrl〕+〔Shift〕+〔Del〕を押すと、「閲覧の履歴を削除」ウィンドウが立ち上がるので、「履歴」にチェックを入れ「削除」を押せば、閲覧履歴を削除できます。
「履歴」の他にも、「フォームデータ」や「パスワード」の削除も可能なので、例えば、共用パソコンでフリーメールのIDとパスワードをInternet Explorerに記録させてしまった場合には、同様にして、「フォームデータ」と「パスワード」にチェックを入れ、「削除」を押せばそれらを消すことができるのです。

ちなみに、全ての閲覧履歴を消してしまうのは逆に怪しい、というときは、履歴を「日付順」に表示させ、「今日」の上で右クリックを押し、「削除」を選べば、今日見たページだけを履歴から消すこともできますよ。

あって嬉しい履歴とそうでない履歴があるのが履歴の特徴。ごくごくプライベートなものでもあるので、賢く残し、正しく消すことをこころがけましょう。

※ 「閲覧履歴を削除する」は、Internet Explorer 8の機能です。Internet Explorer 7では機能しません。

バックナンバー一覧

Excel(エクセル)編
Word(ワード)編